ゴルフドライバーヘッドの塗装、リペイントはゴルフドライバーウッド系ヘッド塗装.comにお任せください。
塗装技術資格を持つ職人が最高級塗料を使ってあなたのゴルフドライバーを塗装します。

スタッフブログ

Blog

グラインダー+キャンディ塗装

グラインダー+キャンディ塗装料金:33,000円

グラインダー加工とキャンディ塗装の組み合わせです。

ゴルフクラブ塗装(グラインダー加工+キャンディブルー塗装)
ゴルフクラブ塗装(グラインダー加工+キャンディブルー塗装)

模様が独特で光の当たり具合で様々な顔を見せてくれる塗装となります。

他社との技術・質の違い

ゴルフドライバーヘッドの塗装は大手ゴルフ用品取り扱い店舗を始め、色々な会社が行っています。

ゴルフドライバーウッド系ヘッド塗装.comでは、他社サイトと比べて、2つのこだわりがあります。

まず、一つ目のこだわりが、

塗装の国家資格を持った『匠』が塗装を担当する

ということです。

みなさん、塗装に「塗装技能士」という国家資格があるのをご存知でしょうか?
自動車業界において、「塗装」は塗装工の技術に非常に左右されやすく、依頼主と業者間でトラブルになりやすいものです。
そこで塗装工の技術力を客観的に認定するものが「塗装技能士(3級・2級・1級があります)」の資格となります。

ゴルフドライバーヘッド塗装.comでは「塗装技能士 1級」の国家資格を持った塗りの匠があなたのドライバーヘッドを塗装させて頂きます。

他社の追従を許さない確かな技術で間違いのない塗装をお約束いたします。

また、塗装を担当する匠は、日本ペイント株式会社主催の「技術競技大会」で最優秀賞。さらに、塗装部門では優勝している腕前です。
確かな技術でお客様のゴルフクラブを丹精込めて塗装させて頂きます。

つぎに、二つ目のこだわりです。

塗料は日本ペイント製の最高級クリヤーを使用

上記画像はラップ加工を施したものとなります

国内最高級の品質で、キャンディ塗装には色とびの少ない顔料を使い、キャンディの色を鮮やかに演出しています。
見る角度によって色鮮やかに変化するマジョーラ塗装も人気の塗装です。ランダムが模様が楽しめるラップ加工であなただけのドライバーヘッドを楽しんでみませんか?

ラップ加工とは
ラップ加工とは塗装に模様をつける技術のことで、ラップ加工では「同じ模様」ができません。ですので、世界で一つの「あなただけのオリジナル模様」に仕上がります。
※ラップ加工には大柄と小柄があります。各色サンプルをご覧いただき、どちらの大きさの柄がご希望かお選びください。

※塗装によりゴルフクラブヘッドは約2g重くなります。
※マジョーラをカーボン、純正ラインを残したまま塗装する場合は約1g重くなります。
※塗装前に下地処理を行ってリペイント致します。元のカラーに戻すことはできませんので、ご了承くださいませ。